ひざが笑った泉ケ岳のご褒美は最高の景色だった

仙台市の市民に親しまれている泉ヶ岳に登ってきました。

駐車場から登山口周辺まですっかり変わっておりますね。

とくに、は食事もお土産も買えてとても便利になっておりました。

久しぶりに泉ヶ岳に登山

てっぺん登ったあとで、お昼を食べたいので、12時00分頃の頂上到着を狙って登山開始。

09時59分に登山開始。

今日は水神コースでいきます。

1時間ほどで、水神と呼ばれるポイントに到着。

ここまでちょうど1時間くらいでした。

水神周辺には沢もあって、沢で憩(いこ)う人々も。

ここで、少し長めの休憩を取って、山頂目指して出発!

水神から急な登り坂が続く

水神の石碑を越えていくと、坂が急になっていきます。

石+木の根をまたぎながらいくのでコケないように、気をつけて歩きます。

水神コースのご褒美、さいの河原

ひざが笑いそうになりながらも登っていくと、さいの河原と呼ばれるポイントに到着!

泉ヶ岳周囲の山々を見渡せる景色のごほうびが。

やったー。オレは征服したぞー!

とドヤ顔しても、山頂まだ少しありますからね。

さいの河原から15分くらいで登頂

さいの河原から、さらに登っていくと、頂上が。

山頂で小さな神社?にお賽銭をいれて、帰りの無事を祈願します。

帰りはころばないように注意

山頂よりさいの河原の方が見晴らしがいいので、さいの河原で食事しました。

すこし風があたるので、上着(かっぱを)を羽織(はお)って昼食。

見晴らしのいいところでの、ご飯は最高。

こんどはコーヒーも飲もう。

腹ごしらえして、下山していきます。

帰りは、のぼりよりもキツイ、油断すると転びそうになるので、なるべく蛇行しながら、気を付けて降りていきます。

下山のあとはロッジでかいもの&スパ泉ヶ岳へ

無事に下山できたことを山の神に感謝しつつ、ロッジで山菜(ふき)を購入。

帰りは、スパ泉ヶ岳で、汗を落として帰路につきました。とさ。

これ必須と思った

虫よけ。できればネットもあった方がいいです。

私持って行かなかったので、止まるたびに虫が寄ってきて、難儀しました。

まとめ

泉ヶ岳は、登山はもちろん、登らなくとも、登山口の散策も楽しめますし、また、中腹の水神までいくと沢でのんびりすることができます。

よかったら、一度足を運んでみてください。ね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました